赤ちゃんの乳児湿疹の原因は母乳にある|清潔に保てば問題ない

このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん用品

乳児

ベビー用品は購入するのではなく、レンタルサービスを活用すると良いでしょう。一時期しか使用しないベビー服等は、新しいサイズに変更することができるからです。レンタルサービスを使って、効率的にベビー用品を手に入れましょう。

もっと読む

子どもを車に乗せるには

眠る赤ん坊

小さな子供には必ず子どもの成長に合ったチャイルドシートが必要です。買うと高くて処分にも困るので、その時その成長に合うレンタルを選びませんか。使用しなくなったら返却するので処分にも困りません。それに最新のものを安く試すことができますよ。

もっと読む

借りるという手段もある

ベイビー

赤ちゃんが産まれるとたくさんのベビー用品が必要になってきます。ベビーベッドもその一つですが、短期間しか利用しない場合が多いのでレンタルを考えてみるのもいいと思います。 レンタルを利用する事で経済的であり、保管場所の確保が必要なくなります。 上手にレンタルを利用して、お金と空間に余裕を持たせましょう。

もっと読む

新生児に起こる皮膚の湿疹

赤ちゃんと婦人

湿疹になりやすいのはなぜ

待望の赤ちゃんを授かって毎日バタバタしている新米ママさんも多いことでしょう。しかし赤ちゃんの子育てを行っているとある日突然、ポツポツと赤ちゃんの肌にブツブツができ始めることがあります。これは乳児湿疹と呼ばれる、赤ちゃん特有の肌トラブルです。この乳児湿疹の原因とはなんなのでしょうか。実は乳児湿疹は、母乳によって引き起こされてしまいます。実は母乳に含まれる女性ホルモンには多くの脂肪分が含まれていて、その女性ホルモンが原因となって乳児湿疹や乳児性のニキビなどが発症してしまいます。新生児は皮膚が薄いですが汗腺は大人と同じなので、汗腺が女性ホルモンの脂肪分でふさがってしまい、結果として乳児湿疹を引き起こしてしまうのです。生後三か月ごろまでには分泌も減って無くなってしまうようですので、それまでは皮膚を清潔にして原因である皮脂をガーゼなどでふいてあげたり、こまめに着替えさせて皮膚を清潔に保つように心がけてあげましょう。

湿疹ができてもポジティブ

湿疹をあまりに心配しすぎて洗いすぎると、余計に乳児湿疹の原因になり悪化してしまうので、清潔に保つのは必要ですが過剰に洗いすぎないようにしましょう。肌を洗い過ぎると、肌のバリアが無くなってしまうので注意が必要です。ひどい時は病院で塗り薬も処方してくれますので、薄い肌を守り乳児湿疹が起きないようにケアが大切です。お母さんからもらった女性ホルモンが無くなってしまうと乾燥しがちになるので、生後4ヶ月頃からはベビーオイルやローションもこまめに塗ってあげましょう、