赤ちゃんの乳児湿疹の原因は母乳にある|清潔に保てば問題ない

このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもを車に乗せるには

眠る赤ん坊

車に乗せるのに必要なのは

子どもが小さい時、車に乗せるにはチャイルドシートが必要です。チャイルドシートが義務付けられている年齢は6歳未満。ですが必要な年齢はそれとは限りません。6歳以上になっても身長が低いのに大人のシートベルトでは危険です。身長が高くなるまではジュニアシートと呼ばれる4歳ごろの子供から使えるものを使用しましょう。義務だから必要だと言ってもチャイルドシートは高価なものです。ですが、子どもが大きくなると必要なくなるもの。処分するにも手がかかります。そんな親御さんの悩みですがレンタルすることで解消されます。レンタルでは、その時使いたいタイプのチャイルドシートを使用することができます。ではどう活用したらいいのでしょうか。

いつどのタイプを借りるか

チャイルドシートを購入するなら、大抵の人が生まれてすぐから長期間使用できるものを選ぶでしょう。そうするとかなり高価な出費になることもあります。レンタルではどうでしょう。例えば新生児から1歳までは新生児用ベビーシートですが、子供が大きく育った場合は新生児用で1歳まで使えない時もあります。ただし、新生児の間は頭が揺れるとよくないので頭もきっちり固定できる新生児用をまずレンタルします。大きくなって来たら次にチャイルドシートタイプをレンタルします。チャイルドシートタイプでは頭の固定は新生児用ほどありませんが、新生児用より簡単に装着できます。年齢が6歳以上でも身長が高くない場合、6歳未満でもチャイルドシートでは小さい場合はジュニアシートを使えばよいでしょう。このようにレンタルでは借りる期間が選べるので借りたいタイプを借りたい時期に借りれます。